小冊子のご案内
ホーム > 小冊子のご案内 > 事例でわかる報連相
 
事例でわかる報連相
事例でわかる報連相
発 行 2010年9月15日
判 型 A5判48頁(本文2色)
概要を表示
目次を表示

概要
ホウレンソウをする側に焦点を当て、報告・連絡・相談を効果的に活用し、円滑な業務につなげるための基本的な留意点を厳選し、わかりやすい事例を通じて紹介。

目次
報告
事例1 今、ちょっとよろしいですか?
    上司に都合を確認したはずが…
    →上司に話しかける際の留意点
事例2 結果はどうなったんだ!
    喜んでくれると思ったのに上司を怒らせてしまった
    →忙しい上司へ報告する際の留意点
事例3 全部事実なの?
    どこまでが事実で、どこからが意見・憶測かがわからない
    →意見・憶測を述べる際の留意点
事例4 まずいことこそ早く報告してほしかった
    上司に心配をかけまいとしたためにかえって迷惑をかけてしまった
    →まずいことを報告する際の留意点
事例5 私の指示したものと違うではないか!
    中間報告をしなかったために上司の期待に反する結果になってしまった
    →中間報告の留意点
colum1 「ホウレンソウ」の由来

連絡
事例1 精一杯、がんばったのですが…
    社外の人にはこちらの努力は見えない
    →こちらの姿が見えない場合の連絡の留意点
事例2 2、3日中にお届けに上がれます
    あまり深く考えずにいった言葉が誤解を生んでしまった
    →連絡の際に使用する言葉の留意点
事例3 伝言をしてくれたはずなのに…
    確かに伝言をお願いしたのに伝わっていなかった
    →不在者への連絡の留意点
事例4 これでは気を悪くするのは当然だ!
    メールでも言葉遣いや言い回しに工夫が必要
    →Eメールを使用する際の留意点
事例5 今、どんな状況かを察してくれよ
    連絡する相手にも都合がある
    →姿が見えない相手に連絡する際の留意点
colum2 「ホウレンソウ」に適当でない“あいまいな言葉”

相談
事例1 大至急というのは?
    思い切って聞いておくべきだった
    →どうしたらよいか迷った際の留意点
事例2 きっと、同じことが起こると思います
    根拠のない、いい加減な答えで上司を怒らせてしまった
    →好ましくないことが発生した際の留意点
事例3 君の考えはどうなんだ?!
    「どうしましょうか?」「と聞いたら「どうしたらよいのか?」と上司に問われる
    →上司に善後策を相談する際の留意点
事例4 斬新な企画を考えてほしい
    狙いや制約条件を詳しく説明してくれない上司
    →企画・立案を任されたときの相談の留意点
事例5 どうして正直に言ってくれないんだ!
    叱られるのが怖くて正直に打ち明けられなった
    →失敗を報告・相談する際の留意点
colum3 「ホウレンソウ」は組織の潤滑油

適宜・適切なホウレンソウの効用
・上司を安心させられる
・適切な手が打てる
・大事(おおごと)になるのを防げる
・お客様満足度が高まる
・会社のイメージが上がる
colum4 「ホウレンソウ」は受ける側の心構えも大切



このページのtopへ