小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 民法相続法改正のポイント
 
何がどうなる? 民法相続法改正のポイント
民法相続法改正のポイント
発 行 2018年11月5日
判 型 B5判28頁(本文2色刷)
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
民法についての基礎知識から、改正事項のポイントや予想される影響について、現行法との比較を交えながら 絵や図表を多く用いてわかりやすく解説。

目次
1 相続法の基礎知識
@相続法改正のきっかけ
1 相続法とは
2 今回の相続法改正のきっかけ
A改正の概要

2 ここがポイント!相続法改正
@配偶者の居住権の保護
1 配偶者の居住権保護の必要性
2 配偶者短期居住権
3 配偶者居住権
A持ち戻し免除の意思表示の推定
1 「特別受益」とは
2 持ち戻し免除の意思表示
3 配偶者保護への活用
B預貯金の仮払い制度
1 預貯金の遺産における位置づけ
2 判例による取扱いの変更
3 仮払い制度の創設へ
C自筆証書遺言の方式の緩和
1 自筆証書遺言の作成方法
2 自筆証書遺言の方式の緩和
D自筆証書遺言の保管制度
1 自筆証書遺言のリスク
2 自筆証書遺言の保管制度
E遺言執行者の権限の明確化
1 遺言執行者とは
2 遺言執行者の権限の明確化
F遺留分制度の見直し
1 遺留分とは
2 遺留分減殺請求の効力の見直し
3 遺留分の算定方法の見直し
G権利の承継と義務の承継
1 権利の承継
2 義務の承継
H相続人以外の者の貢献の考慮
1 相続人でないと報われない?
2 相続人以外の者の貢献を反映
3 貢献に報いるために

コラム 相続手続が楽になる?法定相続情報証明制度 


このページのtopへ