小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > かしこい財産の遺しかた
 
資産5,000万円以上の人が知っておきたい
かしこい財産の遺しかた
かしこい財産の遺しかた
発 行 2016年12月20日
判 型 A5判48頁(本文2色刷)
価 格 本体300円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
現金、預貯金、土地建物などの不動産、それぞれに考えられる具体的な相続税対策について、マンガとイラストを用いてわかりやすく解説。

目次
第1章 あなたに合った相続対策マッチングシート

第2章 預貯金の相続対策
 1.「納税資金くらいは…」は間違い?
 2.非課税分くらいは「生命保険金」に加入する
 3.相続税対策の基本「暦年贈与」
 4.2,000万円まで非課税の「おしどり夫婦贈与」
 5.利用金額1兆円超!「教育資金の一括贈与」
 6.新たに創設された「結婚・出産・育児資金の一括贈与」
 7.住宅取得資金の一括贈与
 8.保険を使った「無駄遣い対策贈与」
 9.贈与で“生きた”お金の使い方

第3章 不動産の相続対策
 1.不動産の「超」節税力
 2.かしこく財産をのこすための2つの視点
 3.相続税節税と不動産投資の最大公約数は?

第4章 不動産管理会社を使った節税術
 1.法人を設立すれば所得税が節税できる?
 2.不動産管理会社を設立する相続対策としてのメリット
 3.不動産管理会社を設立するデメリット
 4.法人設立から相続までの流れ
 5.最後に



このページのtopへ