小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > どうなる!?どうする!?都市農地の税金対策
 
迫る!2022年に向けた選択!
どうなる!?どうする!?都市農地の税金対策
どうなる!?どうする!?都市農地の税金対策
発 行 2018年8月15日
判 型 B5判48頁
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
2022年以降に指定後30年経過を迎え、買取りの申出が可能となる生産緑地について、制度のしくみや概要、都市緑地法等の改正の内容などをわかりやすく解説。

目次
第1章 都市農地にかかる法改正とその影響
1−1 どうなる?都市農地の2022年問題
1−2 2022年問題を考える際に必要な知識
1−3 都市緑地法等と生産緑地制度の改正
1−4 特定生産緑地制度の創設
1−5 田園住居地域の創設

第2章 都市農地をめぐる税金
2−1 生産緑地の税務上の特典
2−2 生産緑地にかかる固定資産税
2−3 農地等にかかる相続税の納税猶予
2−4 いったん配偶者が相続して納税猶予を受けることも
2−5 原則、貸付け農地は納税猶予対象外
2−6 市街化区域内の農地の貸付制度の創設
2−7 2022年に向けた選択肢

第3章 生産緑地制度とは
3−1 三大都市圏の特定市における農地
3−2 生産緑地制度の仕組み
3−3 生産緑地に対する行政及び所有者等の管理義務
3−4 生産緑地の行為制限
3−5 主たる従事者と買取りの申出
3−6 行政が買い取らない場合の手続
3−7 生産緑地の買取り希望の申出

〔参考〕三大都市圏の特定市一覧





このページのtopへ