小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 「マイ年金」確保に役立つ資産活用法
 
《年金減少時代対応版》
「マイ年金」確保に役立つ資産活用法
「マイ年金」確保に役立つ資産活用法
発 行 2016年7月5日
判 型 B5判56頁(本文2色刷)
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
賃貸物件の取得による自分の年金を確保する方法や、相続税法上に有利な不動産の有効活用等、資産運用のための多種多様な方法をQ&A形式でわかりやすく解説。

目次
第1章 年金制度と税制の改正で厳しくなる公的年金手取額
1 現在の年金制度のしくみ
2 少子化は年金支給財源を蝕む
3 生まれた時期によって年金支給開始時期が遅くなる
4 給与を受け取りながら年金を受給すると減額される
5 退職して不動産経営に専念する場合の年金確保策
6 賃貸住宅経営は「マイ年金」確保の切り札
7 大きく変わった企業の年金制度
8 公的年金以外の年金制度が注目されている

第2章 将来の「マイ年金」確保のための8原則
9 資産活用の8原則
10 自己の所有不動産を正確に時価で把握しよう
11 所有不動産ごとの利回り実績を検証しよう
12 事業用賃貸は定期借家による長期契約なら万全
13 定期借地は長期安定収入確保の切り札
14 都心立地の場合は賃貸と自宅の併用で収益確保と税金対策
15 安全で有利な資金運用は投資か土地有効活用か
16 世間相場の家賃は適時の建物改修と適正な管理で確保
17 収益不動産の一括借上げで「マイ年金」のリスク回避

第3章 長期安定収入のポイントはリスク対策
18 固定資産税支払原資の確保と軽減対策
19 事業用資産の買換え特例を活用し、手取り収入を確保
20 事業用資産の買換え特例で資産の組み替えをして収益性向上
21 不動産賃貸オーナーのための消費税対策
22 高齢者向け賃貸住宅や施設の種類と留意点

第4章 幸せな熟年生活も自己責任の時代
23 高額有料シニアホームで優雅な生活
24 年間手取り収入1,000万円でゆとりの熟年生活
25 収益性の低い貸地・貸家を整理して豊かな熟年生活
26 争いを未然に防ぐ「生前贈与」と「遺言書」の活用
27 親の介護は社会全体で、財産の一部は社会のために


このページのtopへ