小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 円満相続の知恵と対策
 
相続トラブルは未然にふせげる!
円満相続の知恵と対策
円満相続の知恵と対策
発 行 2017年11月20日
判 型 B5判48頁(本文2色刷)
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
財産明細表や遺言書の作成、生前贈与の活用、納税資金の準備などを通じ、「争続」を事前に防ぐ方法や、相続の計算、節税法など、空き家問題や民事信託など相続をめぐる最新事情を織り込み、図表を交えてわかりやすく解説。

目次
1 相続トラブルは損です!
2 相続財産の少ない普通の家庭が最も「分割」にもめるわけ
3 まずは財産明細表の作成から
4 相続税の計算はこうする
5 相続対策は、円満な遺産分割、納税資金対策、節税策の3本柱で
6 円満相続には有効な「遺言書」が必要
7 遺言書を書く上での心得5箇条
8 生前に民事信託を活用した相続でもめない方法
9 遺産分割協議をスムーズに進める方法
10 相続税納税資金のあてはあるか
11 相続税節税の方法
12 「争続」を防ぐ生前贈与の賢い使い方
13 相続時精算課税制度(贈与)を使って被相続人の意思による円満相続をめざす
14 相続人の一人が高額な留学費を負担してもらっている場合、特別受益にあたるか
15 相続税評価を減らす方法は不動産の有効活用が1番
16 実践編 誰も引き継がない被相続人(親)の空き家をどうする?
17 実践編 どうする 地方に残された土地・・・売却か活用か
18 実践編 遺された1棟のアパートを兄弟でどう相続するか―円満円滑な資産承継のポイント
19 実践編 自宅併用賃貸住宅はどう相続するのが賢いか
20 相続税の平成27年統計で大幅に増えた現金・預貯金相続の割合-その対策は?
21 税務署が調査の眼をつける相続のポイントとは
22 成年後見制度の上手な活用法


このページのtopへ