小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > あなたの相続財産評価と相続税軽減対策のポイント
 
毎年チェック!
あなたの相続財産評価と相続税軽減対策のポイント
あなたの相続財産評価と相続税軽減対策のポイント
発 行 2017年6月15日
判 型 B5判64頁
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
平成27年から実施された相続税の増税について、相続の事前対策や申告手続きの準備に取り組むための基礎的な知識等、相続税の入門ガイドとしてわかりやすく説明。

目次
・本冊子に関係する平成29年度税制改正事項のあらまし

第1章 あなたの財産評価はこうする
1.相続税の試算は、なぜ必要か?
2.相続税を試算するために
@まず「誰が相続人となるのか?」を確定する
A相続税の計算方法は?
B相続財産の評価額こそ試算のポイント
C相続税のかかる相続財産をリスト化する
3.宅地の評価の方法−評価の物差しを知ろう
@宅地の評価はこうする
A宅地の評価は、道路付けや形でこんなに違いが出る
B借地として貸している宅地は、評価が下がるが
C貸家の建っている宅地は、評価が大きく下がる
D面積が「広大」だと評価が下がる
E道路と段差があるなど、利用価値が著しく低下している場合
F実家の敷地の課税対象額を8割減にする方法(小規模宅地等の特例)
G貸家の敷地を最大5割減にする方法(小規模宅地等の特例)
H小規模宅地等の特例を複数の宅地に併用する場合
I家屋の評価は?
4.そのほかの相続財産の評価方法は?
@上場株式・非上場株式の評価はこうする
A預金・外貨預金の評価はこうする
B保険金・保険の権利の評価はこうする
Cゴルフ・リゾート会員権の評価はこうする
D自動車・書画骨董の評価はこうする
5.遺産分割案による相続税のシミュレーション

第2章 今から始める!相続税の軽減対策
1.相続税軽減のためにすべきこと
@円満な遺産分割・納税資金準備が大前提
A軽減の方法は?−評価を下げるか、財産を減らすか
2.相続不動産の評価減はこうする
@賃貸住宅で節税のしくみを利用する
A「小規模宅地等の特例」の有利な宅地の選び方
B実勢価格に比べて評価の高い貸宅地を別の資産に組み換える
C相続した空き家の譲渡所得3,000万円控除
D相続した空き家は固定資産税等に注意
3.相続財産を減らす生前贈与とは
@賃貸住宅を生前贈与する
A賃貸不動産を、経営する管理会社に移す
4.金融資産が財産の大半を占める人の相続贈与対策
@暦年贈与が基本(110万円基礎控除と注意点)
A教育資金の一括贈与の非課税制度
B住宅取得等資金贈与の特例
5.相続対策に役立つ生命保険に見直そう
6.名義預金は生前贈与の落とし穴
7.エンディングノートを書いてみよう
8.相続トラブルを防ぐために遺言書の準備をしよう



このページのtopへ