小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 債権管理のポイント
 
Q&A 企業経営者が知っておきたい
債権管理のポイント
債権管理のポイント
発 行 2017年10月17日
判 型 A5判52頁
価 格 本体300円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
債権管理に関する幅広い項目の中から、知っておくべき知識や、関連する民法改正について、ポイントをわかりやすく解説。

目次
第1章 債権管理業務
Q1.債権管理とは
コラム.新規顧客との取引開始前の準備と信用調査
Q2.請求業務・入出金管理
Q3.売上値引・返品・割戻の違い

第2章 与信管理
Q4.与信管理とは
Q5.与信限度額の見直し

第3章 平常時の債権管理と有事の際の債権管理
Q6.平常時の債権の期日管理
Q7.支払遅延を生じさせないための債権管理の手法
Q8.支払遅延が発生した場合の債権管理の手法
Q9.手形ジャンプ・支払繰り延べの要請に対する対応方法
Q10.自社商品の引揚げはできるか

第4章 消滅時効
Q11.商取引と債権の消滅時効
コラム.民法改正により時効管理はどこが変わるか?

第5章 保証と担保
Q12.根保証契約とは何か
Q13.社長の個人保証の法的性質
Q14.包括根保証の相続性
Q15.担保物件の価値が下落した場合の債権管理
コラム.民法改正による保証契約への影響

第6章 債権譲渡・詐害行為取消権による債権管理
Q16.売掛金の債権譲渡
Q17.債権譲渡の注意点
Q18.詐害行為の類型(財産処分・本旨弁済・代物弁済・担保供与)
コラム.改正民法では債権譲渡・詐害行為取消権はどこが変わるのか




このページのtopへ