小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 決算書の前期比較術
 
経営判断にも役立てよう
決算書の前期比較術
決算書の前期比較術
.
発 行 2019年4月25日
判 型 B5判48頁(本文2色刷)
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
前期比較分析の基本的・実践的な考え方や効果的な前期比較分析のコツを、具体例や図表・イラスト等を多用しQ&A方式でコンパクトに解説。

目次
  Q1 前期比較の目的
  Q2 前期比較を行う上での留意点
  Q3 貸借対照表の前期比較
  Q4 損益計算書の前期比較
  Q5 貸借対照表と損益計算書の関係をふまえた前期比較
  Q6 財務指標の前期比較
  Q7 売上総利益率の変動原因
  Q8 営業活動に関する前期比較の方法
  Q9 回転期間が意味するもの
  Q10 売上債権回転期間の変動原因
  Q11 棚卸資産回転期間の変動原因
  Q12 販管費の前期比較
  Q13 従業員数と人件費
  Q14 未払法人税等と法人税等
  Q15 投資活動に関する前期比較の方法
  Q16 定額法と定率法
  Q17 有形・無形固定資産の前期比較と減価償却費
  Q18 償却率の変動原因
  Q19 財務活動に関する前期比較の方法
  Q20 流動項目と固定項目
  Q21 資本金の増減
  Q22 借入金と支払利息
  


このページのtopへ