小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > 消費税の申告実務ガイド
 
8%・10%・軽減8%
消費税の申告実務ガイド
消費税の申告実務ガイド
発 行 2019年10月5日
判 型 B5判48頁(本文2色刷)
価 格 本体400円+税 
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
消費税率引上げ及び軽減税率導入が事業者の実務に与える影響、特に経理処理及び申告・納税の実務への影響について重点的に解説。

目次
1 消費税の基本的事項と改正ポイント
1 消費税の基本的事項
2 改正ポイント

2 軽減税率の導入
1 軽減税率の概要
2 外食の範囲
3 軽減税率適用の判定時期

3 インボイス制度の導入
1 インボイス制度の導入
2 区分記載請求書等保存方式への移行
3 適格請求書等保存方式(インボイス制度)への移行
4 3万円未満の取引の特例
5 免税事業者の扱い

4 消費税率アップの実務への影響
1 請求実務への影響
2 支払実務への影響
3 経理実務への影響
4 各種システムのアップデート

5 複数の消費税率が混在する場合の注意点
1 経過措置の存在
2 カード払い、翌月引落等の経費
3 月末締でない課税取引
4 軽減税率の存在
5 中小事業者の特例

6 消費税率が混在する場合の申告実務(一般課税)
1 税率別に課税売上額及び課税仕入額を集計
2 旧税率に係る事業年度の税額(消費税及び地方消費税)を算定
3 軽減税率8%と新税率10%に係る事業年度の税額(消費税及び地方消費税)を算定
4 税率別の税額を合算し、合計税額を算定
5 合計税額から中間納付額を差し引き、期末納付額を算定

7 消費税率が混在する場合の申告実務(簡易課税)
1 業種別、税率別に課税売上額を集計
2 みなし仕入率を用いて、旧税率に係る事業年度の税額(消費税及び地方消費税)を算定
3 みなし仕入率を用いて、軽減税率8%と新税率10%に係る事業年度の税額(消費税及び地方消費税)を算定
4 税率別の税額を合算し、合計税額を算定
5 合計税額から中間納付額を差し引き、期末納付額を算定



このページのtopへ