小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > Q&A 改正相続法と相続税対策
 

Q&A 改正相続法と相続税対策
Q&A 改正相続法と相続税対策
発 行 2019年11月25日
判 型 B5判48頁(本文2色刷)
価 格 本体400円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
相続法改正と相続税法の改正について、内容の解説とともに、持戻し免除の意思表示の推定と相続税・贈与税申告との関係、遺言の有無や遺留分の改正が相続税申告へ与える影響など、現場で役立つ事例を交えてわかりやすく解説。

目次
1 配偶者の居住権の保護
Q1 民法(相続法)の改正で配偶者居住権が創設されたそうですが、配偶者居住権とはどのような権利ですか。創設の経緯と具体的な内容について教えてください。
Q2 配偶者居住権の主な内容とメリット・デメリットについて教えてください。また、居住可能な期間が短期の配偶者短期居住権とはどのようなものですか。
Q3 配偶者居住権は譲渡できますか。また、どのような場合に消滅するのですか。
Q4 配偶者居住権を設定するには、どのような方法がありますか。
Q5 相続税・贈与税において配偶者にはどのような優遇措置がありますか。
Q6 配偶者居住権は相続税申告においてどのように評価されますか。具体的な評価方法について教えてください。
Q7 配偶者居住権が設定された居住建物の敷地について、小規模宅地等の特例は適用できますか。
ケーススタディ1 配偶者居住権と遺産分割

2 持戻し免除の意思表示の推定
Q8 特別受益と持戻し免除の意思表示の推定とはどのような制度か教えてください。
Q9 持戻し免除は贈与税の配偶者控除の規定と似ていますが、何が違うのでしょうか。また、相続税・贈与税に関する留意点も教えてください。
Q10  生前贈与と相続税の課税価格への加算の関係を整理するとどうなりますか。

3 預貯金の払戻し制度
Q11 預貯金の払戻し制度について教えてください。

4 遺言制度の見直し
Q12 自筆証書遺言の要件が緩和されましたが、その内容について教えてください。
Q13 自筆証書遺言の保管制度が創設されますが、その内容について教えてください。
Q14 遺言書の有無が相続税申告に与える影響について教えてください。

5 遺留分制度の見直し
Q15 遺留分減殺請求権が遺留分侵害額請求権に改正されましたが、その内容について教えてください。
Q16  遺留分制度の改正後は、必ず金銭での請求をしなければなりませんか。遺留分の精算を相続財産の不動産で行った場合の税金の取り扱いを教えてください。

6 特別の寄与制度
Q17  民法改正で相続人以外の貢献が考慮されるようになったそうですが、その内容を教えてください。また、相続人以外が貢献した分の相続財産を受け取った場合、相続税の取り扱いはどうなりますか。
ケーススタディ2 特別寄与料を加味した遺産分割
 


このページのtopへ