小冊子のご案内
ホーム > 小冊子のご案内 > 相続・贈与の税金
 
平成29年版
絵と図表でわかる
相続・贈与の税金
相続・贈与の税金
発 行 2017年3月5日
判 型 A5判64頁(本文3色刷)
価 格 本体300円+税
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
絵と図表を使って、相続や贈与に関する税務のポイントを、最新の税制改正事項を踏まえ、 わかりやすく解説。

目次
第1章 財産を相続すると・・
1 誰が相続人になるの?
2 財産の分配はどうするの?
3 「遺言」について教えて
4 「遺留分」ってなに?
5 どんな場合に相続税がかかるの?
6 相続税の税額はどのようにして求めるの?
7 配偶者の相続税はどうなるの?
8 債務がある場合の相続税の計算はどうなるの?
9 相続税はどれくらいかかるの?
10 続けて2回相続があった場合の相続税の計算は?
11 生命保険金と死亡退職金の取扱いはどうなるの?
12 相続税の申告と納税はいつまでにするの?
13 相続税の物納ってどうするの?
14 相続した財産を売った場合は譲渡所得の特例があるの?
15 相続で空き家となった土地建物を売った場合の特例とは?

第2章 贈与を受けると・・
16 贈与税はどれくらいかかるの?(直系尊属からの贈与の場合)
17 贈与税はどれくらいかかるの?(通常の贈与の場合)
18 住宅取得資金贈与の非課税措置ってどんなもの?
19 教育資金の一括贈与の非課税措置ってどんなもの?
20 結婚・子育て資金の一括贈与の非課税措置ってどんなもの?
21 相続時精算課税制度ってどんなしくみ?
22 夫婦間のマイホームの贈与にはどんな税の特典があるの?
23 生命保険金の受取人は誰にするのが有利なの?

第3章 財産の評価は・・
24 土地・建物の評価はどうするの?
25 貸地・貸家の評価はどうするの?
26 小規模宅地等の評価の減額の特例ってどんなもの?
27 こんな小規模宅地等はどうするの?
28 定期借地権、定期借家権がついている土地建物の評価はどうするの?
29 取引相場のない株式の評価はどうするの?−その1・会社区分の判定−
30 取引相場のない株式の評価はどうするの?−その2・具体的な評価の仕方− 

コラム 平成27年分の相続税の申告状況(課税対象者の急増)


このページのtopへ