小冊子のご案内
ホーム > 小冊子のご案内 > 中小企業の経営にいかす保険活用Q&A
 
中小企業の経営にいかす
保険活用Q&A
保険活用Q&A
発 行 2011年12月20日
判 型 A5判52頁
価 格 本体300円+税 
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
円滑な経営を行うための保険の活用策について、「保険会社を選ぶときのポイント」や「保険料に関する経理と税務」、 「税制上優遇される保険」等の知識について、Q&A方式でわかりやすく解説。

目次
第T部 保険の仕組みが会社に与える影響を理解すること
Q1 保険会社を選ぶときの大きなポイントは何ですか?
Q2 昔加入した保険を解約すると損をすると聞きますが本当ですか?
Q3 保険と会計の関係を知るには、何がポイントですか?
Q4 保険料が経費になると、会社にどのような影響があるのですか?
Q5 保険料が資産になると、会社にどのような影響があるのですか?
Q6 保険金や解約返戻金を受けると、会社にどのような影響があるのですか?
Q7 「会社の保険は利益の繰り延べ」といわれるのはなぜですか?
Q8 保険料の支払い方法にはいろいろ工夫の余地があると聞いたのですが、どういうことですか?
Q9 会社にお金のあるときに将来の保険料を支払ってしまいたいのですが、それらはすべて当期の経費になるのでしょうか?
Q10 保険料が支払えなくなっても、保険契約を続ける方法はありますか?
Q11 大災害時のために必要なことは何ですか?
Q12 資金繰りに行き詰まったら、保険を解約して切り抜けるのがよいのでしょうか?
Q13 保険に入るより、預金として会社に蓄えるほうが理にかなっているのではないでしょうか?
Q14 会社の建物等が倒壊したことで多額の損害保険金を受け取ったら、やはり税金の負担も大きくなってしまうのでしょうか?

第U部 経営に効く保険の入り方
Q15 社長に万一のことが起こったとき、保険でカバーできることは何ですか?
Q16 福利厚生という観点において保険はどのように活用すればよいでしょうか?
Q17 福利厚生のための保険における税制上の優遇とは、どのようなものでしょうか?
Q18 割安で手軽な福利厚生制度を、保険で実現できないでしょうか?
Q19 よく「経営者の退職金準備に」と保険をすすめられますが、これはどういうことなのですか?
Q20 公的な保険で役員の退職金を準備するには、どうすればよいですか?
Q21 経営者も労災保険に入れると聞きましたが、本当ですか?
Q22 取引先倒産による連鎖倒産を回避するにはどうすればよいですか?

コラム
  ・ 長期平準定期保険と逓増定期保険
・変わりゆく保険税務の取扱い
・地震保険は企業活動をカバーできますか?
・税制適格退職年金制度が平成24年3月末で廃止されるようですが、どのような影響が考えられますか?


このページのtopへ