小冊子のご案内
ホーム >  小冊子のご案内 > いまさら聞けない 会社経理の税実務
 
則回答!
いまさら聞けない
会社経理の税実務Q&A
いまさら聞けない 会社経理の税実務
発 行 2013年1月18日
判 型 A5判52頁
価 格 本体300円+税 
概要を表示
目次を表示

【特典】
ご案内の小冊子を300部以上お申込みの場合、
ご希望により表紙下に貴(社)名を無料で印刷します。

【送料】50冊以上サービス

【お申込方法】
右のボタンよりお申込み下さい。
2種類以上ご注文の場合も同じフォーム内にお書き下さい。
※書名・冊数を記入して下さい。
お申込はこちら

概要
会社経理に関する基本的な税実務を8項目に分類し、Q&A形式で解説。1つのQ&Aについて、要点だけを簡潔にまとめ、多忙な業務中にも対応できるよう編集。

目次
1 金銭処理のいまさら
Q1 現金出納をどう行うか
Q2 現金が不足したときは
Q3 現金が過剰になったときは
Q4 福利厚生団体の現金は
Q5 定額資金のメリットは
Q6 現金収入は預金に
Q7 現場資金の管理はどうか
Q8 取引銀行の数はどのくらいか
Q9 メインバンクの必要性は
Q10 未取付・未入金の処理は

2 売上処理のいまさら
Q11 売上計上基準とは
Q12 手堅い基準とは
Q13 カラ売りの弊害は
Q14 本・支店売上時の処理は
Q15 回収が長期化したときは
Q16 債権が回収不能となったときは
Q17 工事進行基準とは
Q18 繰延計上のほうが得か
Q19 基準の変更をしてよいか
Q20 売上控除科目とは

3 在庫処理のいまさら
Q21 実地棚卸の方法は
Q22 棚卸過不足はどうするか
Q23 カラ在庫とは
Q24 過剰在庫の対策は
Q25 原価計算はどう役立つか
Q26 簿外在庫の発生理由は
Q27 原価差額とは
Q28 実地棚卸不足額は
Q29 他勘定振替とは
Q30 評価方法はどうするか

4 設備処理のいまさら
Q31 減価償却の必要性は
Q32 リース譲受設備とは
Q33 社内製作設備の処理は
Q34 修繕費は損金となるか
Q35 ソフトウエアの処理は
Q36 設備交換の圧縮記帳とは
Q37 設備廃却損の処理は
Q38 特別償却準備金とは
Q39 相当の地代とは
Q40 資産計上を要するものは

5 投融資処理のいまさら
Q41 有価証券評価損とは
Q42 増資・減資と株式簿価は
Q43 無利子、低利子貸付でよいか
Q44 適格合併とは
Q45 子法人化は税務上得か
Q46 自己株式は有価証券か
Q47 100%子法人との取引は
Q48 有価証券の評価方法は
Q49 社長への無利子融資は
Q50 ゴルフ会員権の評価は

6 購買処理のいまさら
Q51 仕入計上基準
Q52 納品書未着品の処理は
Q53 前渡金の処理
Q54 無償・有償支給品の処理は
Q55 カラ仕入・検収に注意を
Q56 ソフトの外注価額決定は
Q57 特許・生産ノウハウ料を支出する
Q58 役員給与を支給する
Q59 未払金・費用・引当金の区分は
Q60 負債・評価性引当金の区分は

7 決算等処理のいまさら
Q61 経営計画の決定は
Q62 予算編成とは
Q63 月次決算とは
Q64 四半期報告書とは
Q65 中間決算は必要か
Q66 経常決算、臨時決算とは
Q67 連結決算とは
Q68 連結納税とは
Q69 公表計算書類とは
Q70 監査報告書とは

8 税務処理のいまさら
Q71 留保と社外流出の区分は
Q72 申告調整で認められるものは
Q73 繰延税金資産とは
Q74 黒字法人でも納税不要の場合
Q75 赤字決算でも納税額がある場合
Q76 欠損金はどう活用を
Q77 修正申告、更正請求とは
Q78 中小法人の税特例の活用を
Q79 最近の法人税率は
Q80 100%子法人との取引特性は


このページのtopへ