検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
平成30年1月1日以後適用
広大地評価はこう変わる
「地積規模の大きな宅地の評価」の新実務
税理士・不動産鑑定士 吉村一成
広大地評価はこう変わる
発 行2017年10月25日
判 型B5判200頁 
ISBN978-4-433-62507-8
定 価2,160円(本体2,000円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫があります。

概要
注目される改正内容や適用要件から、改正の影響・実務上の留意事項までを土地評価のプロが解説!

目次
第1編 社会経済情勢と広大な土地の評価の変遷
 第1章 広大な土地の評価の変遷
第2編 改正前の広大地評価
 第2章 改正前の広大地評価
 第3章 広大地評価にみる財産評価と不動産鑑定評価
 第4章 広大地評価の適用基準
第3編 地積規模の大きな宅地の評価
 第5章 新通達の概要
 第6章 新通達の適用要件
 第7章 通達改正の影響
 第8章 新通達によって評価減となる事例
 第9章 新通達と併用可能な減価補正

著者紹介
吉村一成
(よしむらかずなり)
昭和59年 同志社大学商学部卒業
平成24年 大阪国税局を辞職
現在    税理士・不動産鑑定士・1級FP技能士・宅地建物取引士
       芦屋大学客員教授
       (社)大阪府不動産コンサルティング協会理事

【著書】
・不動産評価の実践手法(共著)
・広大地判定マニュアル
・レベル別に見る厳選土地評価マニュアル