検索

書籍詳細
オンラインTOP > 書籍詳細
 
知財マネジメントの要点
企業のための地図と羅針盤
飯田圭
知財マネジメントの要点
発 行2018年8月7日
判 型A5判272頁 
ISBN978-4-433-48338-8
定 価2,808円(本体2,600円)
概要を表示
目次を表示
著者紹介

   在庫僅少です。

概要
技術情報の創造・取得・保護・活用の全段階にわたり、日本の製造業が抱える課題と解決策を体系的・網羅的に示す

目次
はしがき
第1章 はじめに
第2章 企業における発明その他の技術情報の創造・取得戦略・戦術
第3章 企業における発明その他の技術情報の保護戦略・戦術
第4章 企業における発明その他の技術情報の活用戦略・戦術
第5章 企業の基本理念・戦略の策定、組織・体制の構築、人材の育成・確保
第6章 外部の知的財産人材の確保・活用
第7章 (革新的)中小企業・(研究開発型)ベンチャー企業の場合
参考資料

著者紹介
飯田圭(いいだ けい)
1993年 東京大学法学部卒業
1995年 弁護士登録(第二東京弁護士会)、中村合同特許法律事務所入所
1997年 弁理士登録
2002年 Franklin Pierce Law Center知的財産法学修士
2002〜2003年 Stroock&Stroock&Lavan LLP研修勤務
2006年 中村合同特許法律事務所パートナー
2008年〜国立大学法人筑波大学大学院ビジネス科学研究科講師、財務省関税局専門委員
2009〜2010年 早稲田大学大学院法学研究科講師
2012年〜 経済産業省侵害判定諮問委員(旧不正競争防止法調査員)
2016〜2017年 産業構造審議会 知的財産分科会 営業秘密の保護・活用に関する小委員会委員
取扱分野 知的財産法、ライセンス・共同開発・開発委託等に係る契約法、国際取引法ほか
著作
・「特許製品や商標商品の並行輸入の限界」パテント69巻11号56頁(2016年)
・「第102条(損害の額の推定等)」「新・注解 特許法〔第2版〕(下巻)」(2017年)
・「企業のブランド戦略と税関の水際取締制度の活用」ジュリスト1504号48頁(2017年) ほか